生まれるまでのこと

妊娠30週目。子どもの病状発覚の日の前日

さて・・・

少しは気持ちが落ち着いたから、少しずつでも今の気持ちや出来事を記していけたらと思います。

自分自身の気持ちの整理って意味もあるけれど、少しでも認知が広がってくれるとありがたい。

 

つたない文章かもしれませんが、

いかんせん本音の部分が多いし、愚痴とかもあるだろうし・・・

もしかしたら読んでいて不快に思う人もいるかもしれない。

その辺りはすみませんがお許しください。

 

このブログも第二章って感じかな。

タイトルやカテゴリを少し変えたい・・・けど、落ち着いてから変えますね。

 

2020.02.06 いつもの定期検診へ

妻が第一子を妊娠して30週が経つ頃です。ちなみに、出産予定は4月の中旬ごろ。

それまでに母親学級も行ったし、妊婦検診は毎回僕も妻と一緒に行っています。

 

もう出産の2か月前になり、妊婦検診も二週間に一回になってきた頃。

 

この日は、昼過ぎから元同僚の友達の家に、子ども用品を譲ってくれるということで遊びに行っていました。

 

その友達の子どもは2人の女の子で、まだ小さいけれど、乳幼児に使っていた服とかおもちゃとかベビーベッドまで、いらなくなったから譲ってくれるとのこと。(なんともありがたい!)

 

そんな2月の晴れた日の昼下がり。

「どんな子どもがうまれるんだろうなぁ」と、お下がりとはいえ小さくてかわいい洋服たちを見ながら想像していました。

 

 

その日の夕方に、いつもの定期検診がありました。

 

いつも先生は

「問題ありませんね、順調ですね。」・・・ばっかりだから、

そろそろ一緒に行かなくてもいい?なんてことを妻に言っちゃっていました。

 

 

でも

 

この日はちょっと違っていました。

 

 

やたらとエコーの時間が長い。

 

 

ぐりぐりぐりぐり。

 

そして、先生の謎の無言・・・。

 

いつもはすぐに終わるのに。

1分?

え、5分くらい?

 

 

赤ちゃんの心臓の音がスピーカーから聞こえてくる。

 

ドクンドクンって感じじゃないけれど、

グワングワン言ってるし、うん、生きてる。

 

 

え、

 

大丈夫だよね。

 

そして

 

先生から

 

先生「うちでは何とも言えないので、明日ここの病院に行ってください。ご主人も必ず。ちょっと今の時間なので予約できるか確認しますので。」

 

なぬっ?

ええー!明日ですか。仕事なんですけど・・・

 

先生「予約できたので!お願いします。」

 

この日はもう午後6時くらい。しかし急だなー・・。

まぁ急ぎの仕事はないし、半休して行こうかな。

え、今まで全然問題なかったし、大丈夫だよね?

ってか少しくらい何があったか教えてくれても良いのに…

どうせ軽い何かの問題があって、ここの病院じゃあ分からないだけなんだろうな。

きっと、よくあることなんだよね。

 

先生「場所は、榊原記念病院です」

 

???

聞いたことないけど、どこだ?

なんだかありがたい感じの名前だな…なんの病院?

え、榊原って誰?

 

って府中かー!遠いな…

調べてみると藤沢からだと電車で2時間近くも掛かる…

 

まぁたまには仕事を休んで違う病院で診てもらうのも良いかもね。

 

・・・と、その時は、そんな軽い気持ちでした。

 

 

家に帰ってからは、

いつも通りエコーの写真をデジカメで撮ったり、本当にいつも通りでした。

 

 

衝撃の明日へと続く・・・

 

ABOUT ME
tomo-batabata
tomo-batabata
神奈川県藤沢市住まい。1986年3月生まれ。 住宅会社に勤める建築士&メディアクリエイターです。 趣味は投資、カメラ、テニス、湘南・鎌倉ぶらり旅など。 2020.4に待望の第一子誕生!一児のパパです。 息子は先天性心疾患(心臓病で難病といわれる両大血管右室起始症と肺動脈狭窄症)を持って生まれました。 日々の役立つ情報や感じたこと、子どものことなどを記していきます。 今この瞬間にある幸せを大切にしていきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です