育児日記

子どもの脳梗塞の発覚から1日が経ち。(2020.12.17)

こんにちは、tomoです。

心臓手術の影響で脳梗塞を患った、息子のはるくん。

 

きっと、脳梗塞は夢で、目が覚めればきっとなんてことない日常に戻っているはず。

そう思って、眠りについたはずが、同じように朝はやってくる。

「あぁ、やっぱり脳梗塞は現実か。」

 

昨日から、重い空気が身体にどっしりと乗っかっているような、そんな朝。

それでも、時間は気が付くと経っていくもの。

生きるためには仕事をしなければなりません。

 

僕は仕事に出て、妻は面会時間の12時から病院に行きました。

脳梗塞のことを上司に伝える

思い描いていた理想と、現実のギャップ。

これは埋まることがないのだろうか。

いや、きっと奇跡が起こって、大丈夫だった!・・・って言える。

そんな根拠のない自信で、なんとか自分を保っている今があります。

 

朝、起きるのがやっと。

歩くのがやっと。

人と目を見て話すのは、なんとか・・・

ご飯は喉を通らない。というか、お腹空かない・・・。

 

でも、意外と仕事はすることができました。

 

受け止め切れない自分がいるし、

一旦仕事モードになれば「仕事」に逃げることができるからなのだろう。と後から気づく。

 

このままずっと仕事に逃げていたいけれど、

今後のことを考えるとやっぱり上司に今起きていることを報告しないとな・・・と考え報告することに。

 

話をしたときは、どうしても涙をこらえきれなかった。

 

仕事的には、僕は在宅でもできる仕事だし、早退や休暇なども融通を利かしてくれるとのこと。今すぐ会社に何かをどうこうしてほしいわけではないけれど、そういった融通が嬉しかった。

 

この日は定時で仕事を切り上げて、病院へ行きました。

ABOUT ME
tomo-batabata
tomo-batabata
神奈川県藤沢市住まい。1986年3月生まれ。 住宅会社に勤める建築士&メディアクリエイターです。 趣味は投資、カメラ、テニス、湘南・鎌倉ぶらり旅など。 2020.4に待望の第一子誕生!一児のパパです。 息子は先天性心疾患(心臓病で難病といわれる両大血管右室起始症と肺動脈狭窄症)を持って生まれました。 日々の役立つ情報や感じたこと、子どものことなどを記していきます。 今この瞬間にある幸せを大切にしていきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です