病院のこと

2021年。年始早々に退院しました!

こんにちは!tomoです。

年が明けて、2021年になりました!!明けましておめでとうございます。

 

6日あった冬休み(12月28日~1月2日)は毎日昼過ぎから病院に行っていました。

コロナの影響で公共機関は心配だったから(そして寒いから 汗)、車を買って本当に良かった…

 

我が家のはるくんはハイケアⅡ病棟で年を越しました。

そして、年初の1月1日。

午前中に病院から電話があって、「ワーファリンが安定したから、今日にでも退院できます」とのお知らせが!!!

病院からの電話は、一瞬ヒヤリとする…ハッキリ言って良い思い出がありません…

ですが、今回は退院のお知らせで良かったです。

退院は予定より少し伸びたけれど、年始一発目からいい知らせだ!今年1年いい年にしよう!と気合を入れるきっかけにもなりました。

 

電話があったその日に退院は、色々と部屋の準備ができていなかったので・・・(^^;

いつでも退院して大丈夫ですよ、とのことなので、

翌日の1月2日に退院しました。

 

入院していた、こども医療センターの前で記念撮影。

 

というか、病院は正月とかカンケーないのがすごいわ…

そりゃあ、休むわけにはいかないんだろうけれど、

看護師さん本当にお疲れ様です…ありがとうございました!!

 

はるくんが脳梗塞になった後も心配して毎日見てくれていた執刀医の先生は、この日はお休みらしい。今は働き方改革とかで、先生も休まないといけないらしいみたいです。

お会いして挨拶したかったけれど、それは今度会えたときかな。

 

はるくんに退院祝い&お年玉(?)のアンパンマン腕時計。

中に鈴が入っていて、振ると音が鳴ります。

麻痺がある右手につけていれば、シャンシャンして右手を認知できるかな?

・・・と思ったら、左手で右手をパンパンして音を鳴らしていた(笑)うーん、なかなか難しいな!認知って意味では良いのかなぁ。

 

入院中は理学療法士さんや作業療法士さんが来てくれましたが、

これからは、うちらでリハビリをやらないと!色々と教えてくれたので、ありがたかったです。

退院はもちろん嬉しいんだけれど、子どものすべての責任を背負うという…親本来の責任感を改めて感じました。

 

 

まずは、新年一発目の記事は退院の報告でした!

良い1年だったと言えるように、頑張ろう。

ABOUT ME
tomo-batabata
tomo-batabata
神奈川県藤沢市住まい。1986年3月生まれ。 住宅会社に勤める建築士&メディアクリエイターです。 趣味は投資、カメラ、テニス、湘南・鎌倉ぶらり旅など。 2020.4に待望の第一子誕生!一児のパパです。 息子は先天性心疾患(心臓病で難病といわれる両大血管右室起始症と肺動脈狭窄症)を持って生まれました。 日々の役立つ情報や感じたこと、子どものことなどを記していきます。 今この瞬間にある幸せを大切にしていきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です