旅(Journey)

松本城(国宝)に行ってきました!40分待ちでいざ天守閣へ。

松本城

こんにちは! batabata(@batabata_t)です。

長野県松本市にある松本城に行ってきました!

白と黒のコントラストが美しい!また橋が赤いというのもアクセントになっていて良いですね。

天気が良ければ、アルプスの山々や青空とも相まって、より一層美しさが増します。

松本城は国宝5城のひとつであり、現存している12天守ということもあり有名ですよね。

ちなみに国宝5城とは、姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城です。

いずれも江戸時代から残る現存天守で、天守内を見学することができます。

松本城について

松本城は、戦国時代の永正年間に造られ、元々は「深志城」と呼ばれていたようです。

公式の紹介文では、以下のように紹介されています。

姫路城、彦根城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されている松本城は、天守の築造年代は文禄2~3(1593~4)年と考えられ、五重六階の天守が現存している日本最古の城です。

松本城は、戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりです。世が戦乱に向かうと、信濃の守護・小笠原氏は信濃府中と言われた井川にあった館を東山麓の林(今の里山辺)に移します。その家臣らは林城を囲むように支城を構え、守りを固めました。深志城も林城の前面を守るために造られたのです。その後、甲斐の武田信玄が小笠原長時を追い、松本平を治める拠点として深志城を選んで信濃支配を目指しますが、天正10(1582)年に小笠原貞慶が、本能寺の変による動乱の虚に乗じて深志城を回復し、名を松本城と改めました。

天正18(1590)年、豊臣秀吉が天下を統一すると、徳川家康を関東に移封しました。このとき松本城主・小笠原秀政が家康に従い下総へ移ると、石川数正・康長父子が代わって入城し、城と城下町の整備を進め、近世城郭としての松本城の基礎を固めました。

松本は、松本の街のシンボルであり、市民の心の拠りどころでもあります。それは、その後のいくたびかの存続の危機を市民の情熱によって乗り越えてきた歴史があるからでもあります。

(松本市公式観光情報より)

なんと、松本城は400年以上も天守閣が現存しています!

天守が現存している日本最古の城ではありますが、世界遺産には指定されていないようです。

歴史については、私はあまり詳しくないので、詳しく説明されているサイトをご覧ください!特に分かりやすかったサイトはこちらです。

『旅先の物語を紐解くウェブメディア』https://blog.pokke.in/matsumoto-castle-history/

 

事前に歴史を学ぶことで、松本城の魅力も更に高まるのではと思います!

観光情報

松本城へは、車や電車、バスを利用してアクセスすることが可能です。

僕は松本駅から歩いていきましたが、およそ15分くらいで着きました。

もっと近い駅は、JR篠ノ井線の北松本駅で、ここからだと徒歩で約10分くらいです。

途中は城下町らしい町並みをゆっくと見て歩けるので、駅から歩いて行くのもおすすめです。

アクセス

住所・・・〒390-0873 長野県松本市丸の内4 国宝松本城天守閣


TEL:・・・0263-32-2902

URL・・・http://www.matsumoto-castle.jp/

営業時間・・・8:30~17:00(最終入城 16:30)
     ※営業時間は時期により変動あり
定休日・・・年末(12月29日から31日)を除き無休。

所要時間

松本城は境内も広く、まず境内から天守閣まで徒歩で5分くらい。更に天守の見学でおよそ45~60分程度かかります!

当然ながら松本城には開場時間も設けられているため、観光する際には時間に余裕を持って見学するようにしましょう!

特に、お盆の時期やゴールデンウィーク期間中などの入場者が多い期間には、入場制限をかけられる場合があるので注意が必要です!(僕はお盆シーズンに行ったので、40分待ちでした…)

ストリートビューでも見れる!

お城の境内は、なんとGoogleのストリートビューでも見ることができます。

近年は飲食店の店舗の内部などもストリートビューで見れたりしますが、事前に予習ができますね!!

松本城の日本100名城スタンプの場所はここ!

「日本100名城」とは

松本城は、「日本100名城」にも指定されています!

「日本100名城」とは、2006年に公益財団法人日本城郭協会が定めた全国の名城一覧の事です。

日本には数多くのお城がありますが、この100名城の選定は厳しく、観光地としての知名度や文化財や歴史上の重要性などの基準をもとにして選定されました。

そして面白いのが日本100名城のスタンプラリーが誰でもできるんです!

batabata
batabata
スタンプラリーってなんだかゲームみたいで面白そうだな!と思って、僕も始めました。

ちなみに「日本100名城」のスタンプ台帳は、市販されている「100名城公式ガイドブックについています。

この「日本100名城公式ガイドブック」は、本屋はもちろん、ネットでも購入することができます。

そして、日本100名城を巡るスタンプラリーは2007年6月2日から開始されたようです。

この公式のスタンプ台帳に城のスタンプを押して全て巡ると、同協会から認定証が授与されるという、なかなか面白いスタンプラリーです!

近年は御朱印が流行っていますが、こういったスタンプラリーなら気軽にできそうですね!全部集めてみたいですが、いつになることやら…!!

batabata
batabata
個人的にはまずは国宝5城を制覇したいと思います!

このガイドブックは、金額も1冊あたり1,000円くらいなのでおすすめです!

ただ、書店やネットで見ると分かるように、たくさん種類があってどれを買えば良いか分かりにくいですね…。「続・日本100名城」っていうものありますし…。

初めて買う人は基本的に、著者が「日本城郭協会」「福代徹さん」のもので、「スタンプ台付き」のものを選べばO.Kです(公式だし分かりやすいので)。

 

特にお城好き&旅行好きの方は1冊あるだけでも重宝しますね。ちなみにスタンプ台帳は別冊になっているので、小さくて持ち運びもラクラクです!

 

松本城の日本100名城スタンプがある場所

スタンプがある場所は、「松本城管理事務所」の前にあります。

松本城のスタンプの場所は1か所だけで、ここに到達するには、受付で入城料を払わないとスタンプを押すことはできません。

境内の通路の途中にあって、正面にはお城があるので、分かりやすい場所です!

お盆の混雑状況

ちなみに僕はお盆の真っただ中、8月15日に行ってきました!

ものっすごい長蛇の列!

この写真はブレブレなんですが(汗)まだまだ続いていて、「40分待ち」という看板が。。

このような混雑を見越してか、なんと熱中症対策でテントや座れるベンチまで用意されていました!

時間にして、看板通りおよそ40分くらい待ったでしょうか。

でも後半はスタッフの人の計らいで、「松本城クイズ!」が開催されました!

batabata
batabata
素晴らしいおもてなしです!!

もしかしてこのクイズイベントは混雑時限定なのかもしれません。(ちなみにクイズに正解しても特に景品はありません)

いざ、天守閣へ!

長蛇の列を終え・・・いよいよ天守閣です!

ちなみに松本城の内部をしっかりと見学するとおよそ「60分」くらいの時間が掛かります。多少列の流れはありますが、基本的に自分のペースで見て回ることができます。

中には当時の武器・鎧・書物などの資料が多数展示してありました。

観光客を見るとやはり外人さんが多かったですね。言語も五か国語で表示されています!

人が多いせいもありますが・・・

流石に姫路城と比べると外から見るよりも少し狭い印象です。

そして、松本城で有名なのが「超急勾配の階段」です!

人が一人分しか通れないので、ここでも渋滞ゾーンですね。特に降りるときが怖いので注意しましょう。

出口を出ると、時代を感じる衣装を着た人物がちらほら・・・

もしかしてタイムリープかな?

写真撮影をお願いすると、快く引き受けてくれます!

観光シーズンだからか…やはりおもてなしが素晴らしいですね!お盆の時期なのにお疲れ様です…。

まとめ

やはりカッコイイ松本城!

外観を眺めるだけでもかなり迫力があって綺麗でした。

batabata
batabata
なんだか絵葉書みたいな写真ですが、僕が撮りました!絵になりますね~

ちなみに、なぜ松本城は黒いのか?

というと、秀吉のいる大阪城が黒で統一されていたので、それに併せて黒くしたようです。

秀吉は黒が好きだったのかな~。。かっこいいしね!

あとは戦が多い時代だったので、実戦向き(目立ちにくい、実際より小さく見せる)な色として黒だったなんて話も。

お城の周りの城下町にはお土産屋さんも豊富でした!長野の自然を感じながらお城巡りっていうのも良いですね。混雑時は並ぶ可能性が高いので、時間に余裕をもって行くことをおすすめします!

浜松城
浜松に行ったら、観光しやすい浜松城がおすすめ!こんにちは! batabata(@batabata_t)です。 ブログを書くのが久しぶりになってしまいました・・・! いかん...
ABOUT ME
tomo-batabata
tomo-batabata
神奈川県藤沢市住まい。1986年3月生まれ。 住宅会社に勤める建築士&メディアクリエイターです。 趣味は投資、カメラ、テニス、湘南・鎌倉ぶらり旅など。 2020.4に待望の第一子誕生!一児のパパです。 息子は先天性心疾患(心臓病で難病といわれる両大血管右室起始症と肺動脈狭窄症)を持って生まれました。 日々の役立つ情報や感じたこと、子どものことなどを記していきます。 今この瞬間にある幸せを大切にしていきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です